節電ブームに乗っかる会社への提案である節約術

「節約・節電・節水」この三言はとても目にする言葉である。今回は「節約・節電」の二つをクローズアップしていきたいと考えている。

節電すれば、節約にもつながるしエコであるのは間違いのない事実である。今の世情でいくと「電力供給不足が懸念されている為、節電しましょう」というものである。とりあえず、どこもかしこも節電しなければという「節電ブーム」が巻き起こされている。生活の場の一つである、家などで言うと早く寝ることであろう。夜更かしばかりしている私が言えることではないのだろうけれども。これが一番身近に出来る節電であり、節約である。早く寝ることによって、電気の使っている時間が短くなるため電気代が安くなる。また、布団に入ってしまえば、コタツもストーブもヒーターも不要である為、電気代やガス代は更に浮くであろう。

しかし、「仕事で帰りが遅いので、そのようなことは無理難題である。」という人も中にはいるであろう。そこで会社の会議に参加できる人には是非提唱していただきたいのが「社員を早く帰す」ということである。

会社も下手な節電を考えるのであれば、残業を減らし社員を早く家に帰す試みをとれば一番の節約になると考えられる。下手にエアコンの温度を下げ、寒い中仕事をさせるよりは、快適な空間で短時間の仕事をさせた方が確実に出来はいいと思えて仕方がない。しかし、早く社員を家に帰したとしても、仕事を家に持って帰らせたのでは意味がない。個人情報漏洩にも繋がる恐れがある。今までより労働時間を短くすれば出来ていた仕事が出来なくなるのは私にだって見当がつく、毎日一人のために一部の電気がついているのであれば、いっそのこと残業できる日できない日を作ることも考えて欲しいと思う。

勿論、私には経営について云々かんぬんいえないが、会社から始まる節電と節約はありえると思っている。家に早く帰ることが可能になればお風呂のお湯を足して温かくしなおす必要もない。それは節電にも節水にも節約にもなっているであろう。

無駄にポスターなどを作ることなどを考えず他の試みをして欲しいと考える。節電とは、日本の為、自分のお財布の為、環境の為という一石三鳥といえる行為であるといえるであろう。

http://wadachi-dent.com/

[大阪]飲食の求人情報リンク

ブライトリングとは?

反響のあるポスティング